【大島紬2種】アシメントリー★イレギュラーヘムのギャザースカート(紺色+花模様)  シルク*絹*着物リメイク tsu510

サッと着れてお洒落☆彡
個性的な大島紬のスカート♪

※スカート単品での販売です。

tsu-510-02.jpg
裾部分にボリュームをつけてアクセントにしました♪
イレギュラーに揺れる華やかな裾ライン☆彡


tsu-510-03.jpg
向きはないので、お好みの位置でご着用頂けます。


***コーディネート例***
tsu-510-04.jpg
お手持ちのトップスと合わせて・・・
ごく普通の長袖Tシャツでもお洒落に演出できちゃいます♪

※ こちらは、コーディネート例です。トップス&ベルト&インナースカートは商品ではありません。



tsu-510-05.jpg







大島紬のリサイクル着物を解いて洗って作りました☆

紺色ベースの男性物の大島紬のアンサンブル(未使用品)と、

裾部分には、濃緑に赤花模様の大島紬を使用。


スカート本体部分は、泥藍染め、大島紬独特の深い色合い、

上品な光沢感、シャリ感のある薄くて軽い素材感です。

繊細な糸の光沢がありますので、光の加減で、

色の濃淡の変化もお楽しみ頂けるかと思います。

紺色〜何となく薄くシルバー掛かったような光沢の瞬間があるような・・・。


羽織の布端から、奄美大島産の文字を確認。

大島紬特有の衣擦れの音色もお楽しみくださいませ。

-------------------------------------------------------



ラフに着て頂ける、大島紬のスカートを作りました。


裾部分は、ほんの少しボリューム感をプラスして華やかなシルエットに!

スカートの裾部分を切り替え、イレギュラーにカット&ギャザーを寄せた生地を

ランダムにバランスを取りながら施した、動きのある1着です。


上品な光沢と素材感を存分にお楽しみ頂けるかと思います。


ウエストはゴム仕様なのでササッと着れて、

ごく普通のTシャツやタンクトップと合わせるだけでも

お出掛けスタイルに変身できちゃうスグレモノ♪


画像では、よくあるシンプルなロングシャツに

サッシュベルトを巻いてコーディネートしてみました。



ベーシックなスタイルなのに、存在感のある1着。

是非、大島紬の感触をお楽しみくださいませ(^_-)-☆



すべて1点もの。貴女だけの1着。

素敵に着こなして頂けると嬉しいです♪





※ こちらの生地は少々薄手の為、中にペチコートやインナースカートをご使用ください。
ペチコートやインナースカートをお持ちのお客様が多い為、別売りにしております。ご了承くださいませ。






* ご自宅でのお洗濯も気軽にして頂けるように、裏地を付けていませんので、
必要に応じてペチコートやインナースカートを着用してくださいね。


↓着物の裏地で作ったペチコートはコチラ↓









■■ サイズ ■■
(実寸)
M〜Lサイズ


ウエスト:ソフトゴム2段入り 
(最大に広げて 約130cm)


スカート丈: 一番長い部分  約79cm 
ウエストから切り替え部分までの長さ 約50cm 
(身長158cmの私が合わせると、
全体バランスとしてふくらはぎあたりのミモレ丈。)



裏地なし


※ こちらの生地は少々薄手の為、中にペチコートやインナースカートをご使用ください。
ペチコートやインナースカートをお持ちのお客様が多い為、別売りにしております。



11号サイズのトルソーに着せて撮影。

※ なるべく実物に近い色合いにしておりますが、モニターや環境により異なる場合があります。









生地は、リサイクル着物を解いてから、水洗いし、

その後、アイロン、裁断&縫製しています。

その為、針穴、折り跡、経年によるシミやシワ、

傷、ニオイ、修復がある場合もあります。

古布である事、又、個人製作のハンドメイド品である事

を十分、ご理解頂いた上、ご注文をお願い致します。

又、大島紬の種類については、仕入れた際の表示のまま、記載させて頂いております。


ご了承くださいませm(__)m





販売価格 19,800円
型番 tsu-510
定価 39,800円



※日本国内に限り、2万円のお買い上げで送料無料。1万円以上は、クリックポスト送料無料。(サイズ規定内のみ)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

Hime21◆店長-Yoko,K-

着物をリメイクして、オリジナルデザインの服を作っている個人ショップです。

温かみのあるハンドメイドをお届けしたいと思っています。たった1着だけ、あなただけの1着が見つかりますように・・・


P.S.
大島紬に魅せられて、最近、大島紬の故郷“奄美大島”と“東京”を行き来しています。


南海日日新聞に掲載されました





■大島紬の服の洗濯方法■



服作りや日常の事を書いてます☆









無料アクセス解析
 Links

・ゴスロリ通販ランキング
・着物リメイク通販ランキング
・パーティードレス通販ランキング
・買いパラ(ネットショップ検索)


着物ドレス ネットショップランキング ゴスロリ ネットショップランキング ドレス ネットショップランキング